1. TOP
  2. 映画で英語のリスニング力をアップする

映画で英語のリスニング力をアップする

 2017/02/17 リスニング 英語学習法
この記事は約 5 分で読めます。 226 Views

たまには角度を変えて勉強してみよう

英語を勉強するって意外と大変ですよね。 言葉だからって簡単に考えているとけっこう大変です。 そこで、ちょっと角度を変えて勉強する方法をちょっとだけお伝えしようと思います。 それは映画です。映画はいい教材になるんですよ。

洋画でリスニング学習

英語を勉強する方法っていろいろあると思いますが、意外とかかるのはお金と時間。 英会話スクールに通うとなると意外と労力を使うものです。 英語は初心者だし、そんな本格的に勉強しなくても・・・。という人もいるのでは? それだけではなく、そんなこと忙しくてできないよ、という人もいるでしょう。 そんな人におすすめなのは映画で勉強をすること。 洋画はいい教材になります。 いっぺんに英語と日本語が出てくる映像ってそんなにありませんからね。 今では、テレビなどでも洋画では副音声で英語が聴けるようになっていて勉強がしやすくなっています。 事実映画やドラマで勉強して言語を習得している人はかなりいます。 特にリスニング教材として使ってもいいですね。

英語をまずは書き起こしてみましょう

英語って聞いているだけでよくなるかといえばよくわからないことが多いですよね。 学校で習った英語って発音をわかっているようで実はわかっていないこともありますし、やはりふだんから生活に密着していないとどうしても難しい。 なので、まずは英語を書き起こしてみることからやってみましょう。 DVDなどでは特に英語の字幕つきのものがついています。 なので、まずはそれを書き起こしてみることからはじめましょう。 だからといって全部書き起こすのは骨が折れます。 一度映画を一通り日本語で観てから気になったフレーズだけ英語を書いてみることからはじめます。

英語を自分の言葉で訳してみる

英語を理解するのにさっぱりちんぷんかんぷんだと困りますよね。 なので、自分の言葉で訳すというのは必要です。 辞書やインターネットを使っていいので自分なりに訳してみましょう。 そうすると自然と愛着がわいてくるかもしれません。 堅苦しいフレーズで乗っているものも、自分だったらこんなふうに訳してみようなど、 さまざまな角度で訳をしてみるのも楽しいと思います。 型どおりではなく自分なりに訳すことでそのまんまのフレーズとして日常的に使うこともできるようになってきます。

洋画の字幕と吹き替えを比べてみる

とはいっても、それが正解かどうかがわからないので、日本語字幕と日本語吹き替えの両方と比べてみましょう。 日本語の字幕と日本語吹き替えはそれぞれ役割が違うので、比べてみると楽しいですね。 合っているかはもちろん、少しひねった訳し方をしているものもあるので、それを参考にしてみるといいでしょう。 新しい発見が起きると思います。

何度も聴いてフレーズを覚える

英語はそれで、理解してしまうつもりになってしまいがちですが、それが難しいところ。 意味がわかると納得してしまって次に進んでしまいます。 そこで、少し思いとどまって、英語を何度も聴きます。 いわゆるリスニングということですね。 DVDやテレビで録画したものだと、何度も聞くことができますので、聴きましょう。 聴くときにあきてきてしまったら、その言っている言葉に日本語を合わせてみてもいいですね。 とにかく何度も聴くこと。それによって少しずつ英語が聞き取れるようになってきます。 ただし、ここで注意するのはフレーズごとに聞いておくこと。 でないと、先ほど勉強した意味がなくなってしまう可能性もありますから。

初心者はまず子供向けの映画から

初心者におすすめの映画があります。それは子供向けの映画です。 子供向けに作られた映画は発音やアクセントもできるだけわかりやすく、そして聞き取りやすく作られているので、英語初心者にも観やすくなっています。 その上、吹き替えなども直訳に近いものが多いので、訳すときにもわかりやすいんですね。 では、どんな映画がいいのかといいますと、 ディズニー映画はかなりおすすめです。 あまり子供向け過ぎてもあきてしまったり、ストーリー展開がわかりきってしまってつまらないという人もいると思いますが、 ディズニー映画は何度も展開が変わってきますので、大人が見ても十分楽しめる内容になっています。 DVDも多く出ていますので、思い切って買うのもいいですし、借りてくるのにもちょうどいいですね。 まずは一作品気になったものを借りてきて勉強してみるのもいいですね。

大人向け映画で様々な用語を学ぶ

大人向け映画は難しいので、ディズニー映画をおすすめしましたが、いきなり大人向けでもいいのでは?という人もいるはず。 でも、先ほどのディズニー映画もあなどれません。 早口で言っているわけではないのに、何をいっているのかわからない、なんてことも。 なので、まずはディズニー映画で、としました。 そして、大人向けの映画は何よりビジネスフレーズも出てくることもあるので、こちらを勉強してもいいですね。 ただ、大人向けは字幕は特に直訳が少ないので、理解するまでがむずかしいかもしれません。 さらに、早口でよりいっそう聞き取れないこともあるとおもいます。 それでも何度も聴いているうちに聞き取れるようになってくるでしょう。 聞き取れるようになるようにぜひがんばってください。

さらに次のステップへ

いかがでしたか。 お手軽で簡単だとおもいます。 もちろん、これだけで英語が上達することはむずかしいとは思いますが、 これで少しでも英語に慣れていって次へステップアップしていってほしいと思います。 がんばってください。

\ SNSでシェアしよう! /

効果的な英語の学習法を学び、グローバルに成功する英語維新の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

効果的な英語の学習法を学び、グローバルに成功する英語維新の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

英語維新 講師紹介 英語維新 講師一覧

英語維新編集部

英語維新編集部

英語維新 編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【無料アプリ】「英読」「ダイス」これで、あなたも英語で困らない

  • 働く女性やシングルマザーの幸せと成功の条件

  • グローバル社会で生き残るためのビジネス英語検定8選

  • 日常英会話で使う便利な表現

関連記事

  • 海外旅行・準備に英会話ができるようにしていると便利

  • あなたに合った英語学習法見つけましたか?

  • オーストラリアへのワーホリを考えているあなたへ

  • 今だからこそ叶える!社会人留学を成功させる7要素とは

  • 英語は0歳から!幼児英語教育のお勧めとその理由

  • 脳科学を取り入れた、単語を瞬時に記憶する学習法を大公開!