1. TOP
  2. 海外で働く女性へ!そのメリットとデメリットとは

海外で働く女性へ!そのメリットとデメリットとは

 2015/05/14 ビジネススキル 海外移住
この記事は約 7 分で読めます。 484 Views

はじめに

最近では働くといっても日本国内には限りません。日本で就労する外国人が増加しているのと同様に、外国で働く日本人も増加しています。しかし海外には危険な場所もある為駐在員として派遣されるのはやはり男性である場合が多いのが現状です。ここでは女性が海外では働くことのメリットやデメリット、そしてその種類についてご紹介します。

海外就職のチャンス

近年日本でも男女雇用の平等が進んでいると言われながらも、まだ昔ながらのやり方を貫く会社や業界が以前多いのが現状です。その為女性の総合職の雇用や出世がそれほど一般化しておらず、まだ日本の社会=男女格差の社会というイメージが一般的です。

しかし、世界特にヨーロッパでは男女平等化が進んでおり、社会進出や政治経済、教育等の男女の割合を指標化した世界ランキングでは日本は100位のラインキングにも入らないという結果も出ています。海外で働くという事は単に語学を生かすという面だけではなく、女性が男性と同じ様に機会を与えられ実力で次第で出生が望めるという大きなチャンスとなると言えます。

又インターネットが普及している現代においては、日本に居ながらも世界の求人を探す事ができ、応募や面接もインターネットや電話で完了する場合がありますので、海外就職を目標としている人に負っては大きなチャンスだと言えます。

海外就職の種類

海外就職と言って最初に思い浮かぶのが駐在員ではないでしょうか。会社から海外に派遣され、決められた期間に現地に滞在しながら任務、その後また日本の事務所に戻る、又は違う国や地域の事務所に異動する様な形態を一般的に駐在員と呼びます。この駐在員は会社から任命されるため自分で行く国や期間、またタイミングを選ぶことは難しいですが、最近では男性だけでなく女性でも駐在員として派遣されるチャンスがある会社は増えてきています。

その他には現地採用という方法があります。現地採用とは現地の会社に直接雇用されることで、働く期間等はその会社と本人、またビザなどその国で決まった条件次第です。この現地採用枠であれば求人があれば働き始める時期もその会社の受け入れ態勢次第で調整できると言え、最近では海外で働く=現地採用という人が多いのが特徴です。その他にはワーキングホリデーの様な決まった期間にアルバイトを体験する事も可能です。しかしそれには年齢制限と1つの雇用主の下で働くことができる期間が決められている等の独自のルールがありますので、入国前に注意が必要です。

駐在員としての女性の活躍が多い業界

駐在員として海外勤務を望むのであれば、業界と言うよりは会社によって男女に平等に機会を与えているかどうかがポイントとなります。駐在員として働くことのメリットは、在職している会社から現地へ派遣される形となる為、現在の仕事や役職、給料や住む場所等様々な面でサポートがある点だと言えます。海外勤務が多い業界だけで言うと、メーカーや商社、IT業界と言えますが、会社によって女性にもチャンスがあるかどうかは異なるでしょう。

強いて言えば旅行業界や航空関連等、女性の活躍が多い業界であればチャンスも比較的多いと言えます。又外資系企業の様な実力主義の会社も、男女関係なく実力がある人にチャンスがあるという形の為、駐在員として海外に出る機会は比較的多いと言えます。他にも敷居は高いですがJICAや国際連合、外務省の様な国際関係の仕事であれば男女関係なく海外駐在する可能性は高いです。

現地採用としての女性の活躍が多い業界

現地採用としての女性の活躍は多岐にわたります。比較的多いのがサービス業界であると言えるでしょう。女性は男性に比べて言語習得能力に長けていると言われており、同時に男性よりも脳の作りとして細かい所まで気がつくという点において、サービス業に女性が多い理由と言えます。

海外で働く為には国が発行するビザが必要であり、ビザの取得には比較的高額な金額や手続き必要となります。会社が海外から日本人を雇う為にはビザ発行の為の時間やお金、契約書等が必要になる場合があり、現地の人を1人雇うよりも時間もお金もかかるのです。それを差し引いて考えても日本人が必要とされる業界に、現地採用としての日本人求人が多いと言えます。

例えば日本食レストランやホテル、日本語教師などです。他にも現地で日本人の方が経営されている美容院や私立学校、旅行社の様な会社でも日本人スタッフの求人を行っている事が多いので、現地採用の仕事であれば自分のやりたい仕事や今までの経験を生かした仕事を見つける事ができると言えます。ただし、現地採用=今の日本の会社を退職して現地の会社に就職するので、帰国時の仕事の M-L5!””8=CODL2_$+USドルで支払われる給料等日本で働くよりも課題が多いと言う点への考慮も必要です。

女性が海外で働くメリット

女性が海外で働くメリットとしては、前述の通り男女平等のチャンスが得られることが1つ挙げられます。自分の実力を試してみたいと思う人や身に付けた外国語を生かして働きたい人にとっては良い機会となり得ます。

特に駐在員として勤務できる場合は海外勤務分の手当てや会社からの住む場所の支給があり、場所によってはとても広い家に住める、給料が高くなる等のメリットもあると言えます。国によっては長期休暇の取得しやすさ、自分の仕事と相手の仕事との線引きがはっきりしているので残業が少ない等の風潮がある場合が多いと言えます。

その為仕事をしながらプライベートも充実させたい、近隣の国をまわりたい等仕事とプライベートを両立したい人にはとてもうれしい環境です。同時にその国独自の文化、マッサージや料理等を取得して日本帰国時には起業したいと考える女性も多く、手に職をつけ知識や経験をつけておけば、日本の男女平等とはまだ言えない社会でも女性の活躍の場が期待できると言えるでしょう。

女性が海外で働くデメリット

反対に女性が海外で働くデメリットももちろんあります。国によっては危険な場所も多く、女性にとっては特に気をつけねばならない場所も多くあります。又、日本と同じ生活水準を落としたくないという人にとっては難しい環境でもあります。

日本は世界の中でも良質な物を安価で手に入れることができる環境です。化粧品にしても日本人の肌に合う様に研究された化粧品が沢山あります。しかし国が変われば髪質や肌質も変わる為、日本の様に安い化粧品で満足がいくものを探すというのは難しく、日本と同じものを使いたいのであればデパートで日本から輸入された高価な購入する必要がある等、その国で自分のペースや環境を作るには時間がかかると言ったデメリットもあります。

慣れない国での生活や仕事はいつも以上にストレスがかかりやすく、その為ホルモンバランスに大きく関わる女性の体のリズムは特に影響を受けやすい部分である為、体調管理は問題となりやすい1つです。

女性だからこそ気をつけたい事

女性にしかできない事には出産があります。男性でも育児や家事はできますが、出産は女性にしかできませんし、出産が可能な年齢にも限りがあります。将来的に結婚して子どもを産んで家庭を持ちたいと思う人にとっては、海外就職は決断する前に少し考える事をお勧めします。

というのも、やはり現地で日本人男性に出会う機会は多くなく、駐在員であればやはり妻子ある人が多いと言えます。理由は年齢的にプロジェクトを任される年齢である事、又仕事の一環である社交の場への出席は海外では夫婦そろって出席という場面が多いこと、海外という見知らぬ土地で仕事をするためには精神的支えとなる家族が同行するのが望ましい等という理由から比較的既婚者が駐在員として選ばれる会社が多い様です。

もちろん海外で出会いそのまま結婚する国際結婚という方法もあります。しかし国際結婚とは「その国にこの先も住み続ける覚悟」「相手の家族や文化を受け入れる覚悟」「結婚後日本に帰るのであれば、相手が日本で仕事を見つけられる可能性」など考える部分は多いと言えます。出会いは縁ですので考えてばかりでは行動できませんが、将来の結婚を経て、出産、育児と考えている人は、海外就職を決める前に一度立ち止まって考える事をお勧めします。

おわりに

いかがでしたか。女性が海外で働くことに関しての種類や注意点はお分かりいただけたでしょうか。最近ではインターネットの普及により、世界中の求人を簡単に検索できる様になり、ますますチャンスは広がっていると言えます。是非参考にしてみてください。

\ SNSでシェアしよう! /

効果的な英語の学習法を学び、グローバルに成功する英語維新の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

効果的な英語の学習法を学び、グローバルに成功する英語維新の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

英語維新 講師紹介 英語維新 講師一覧

英語維新編集部

英語維新編集部

英語維新 編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【無料アプリ】「英読」「ダイス」これで、あなたも英語で困らない

  • 働く女性やシングルマザーの幸せと成功の条件

  • グローバル社会で生き残るためのビジネス英語検定8選

  • 日常英会話で使う便利な表現

関連記事

  • 社会人にとっての効率の良い勉強方法を考える

  • コミュニケーション能力が高い人の特徴

  • オーストラリアへのワーキングホリデーにかかる費用。お金がなくても夢をあきらめない!

  • シンガポールに海外移住する方法

  • 女性が海外で働くのにおすすめの資格、アメリカ編

  • 簡単!メールで使えるビジネス英語