1. TOP
  2. 海外短期留学の費用を格安・かつ効率的に考えてる皆様に

海外短期留学の費用を格安・かつ効率的に考えてる皆様に

 2015/05/21 留学 英語学習法
この記事は約 5 分で読めます。 47 Views

はじめに

英語をいくら勉強しても、やはり実践で使えなければ意味がありませんね。ですので、実践で使いたい場合は海外留学をお勧めします。しかし、時間がないと思われてる方。ご心配ありません。1ヶ月で充分なんです。充分力がつきます。

海外留学前の準備

海外留学前には、とりあえず英単語をたくさん覚えておくこと。文法書を読み文法をできるだけ完璧にしておくこと。この2つが重要です。ですので、日本である程度の実力がついてから海外留学されたほうがよいです。中には海外に行ってから、1から英語を学んだほうがいいや。と思う方もいますが、それですと英語の力はぜんぜん伸びません。

実際に、また足の周りにもそういう方はいましたが、留学前と留学後ではまったく英語の力が変わっていませんでした。そもそも、留学とは今まで覚えた英語を使う実践の場ですからね。最低限の知識がなければ行っても無駄なだけです。具体的にいいますと、単語の覚える作業は独学でやったほうが効率がよいです。文法の本は、日本語で書いてある本のほうがわかりやすいです。英語でかかれる文法書はめちゃくちゃレベルが高いです。

お勧めの国

これは、なんといってもフィリピンです。最近はかなりブームですが、フィリピン人はほとんどが英語が話せますし、学校もかなりたくさんあるので、自分の気に入った分野の学校に行けます。そして、なにより費用が安いということです。大体一ヶ月15万円ほどで行くことができます。しかも、3食付き。アメリカですと、その倍はかかります。値段を見るなら、まずフィリピン以外にないでしょう。

そして、フィリピンの売りはマンツーマンで授業が受けられるということです。実際に私は一日8時間もマンツーマンで授業を受けていました。アメリカとかですと、グループレッスンなので、自分に合わせた授業が受けられないばかりか、発言の機会も得られないので、スピーキングも全然あがりません。絶対に、マンツーマンの方が英語のレベルは上がりますね。1対1で話さなければならないというプレッシャーは今でも忘れられません笑。

かかる費用

フィリピン留学は、寮、食事、学校のセットで15万円あれば充分です。2人部屋、3人部屋を選ぶともっと安くなりますが。
そして、現地での滞在費もほとんどかかりません。食事も、お酒も安いですし、大体500円あれば豪華な食事ができます。そして、ビーチへも格安で行くことができます。私は1000円で行けました。

遊ばなくて、ずっと寮で過ごしていれば、料理は3食でるので、全くお金はかかりません。しかも、映画も500円以下で観られるので、観ておいたほうが得です。もちろん英語字幕はなくリスニングだけですが、映画は英語の学習におおいに役に立ちます。週末は映画を観にいくと気分転換になってよいです。

現地での暮らし

フィリピンは、主にセブ島に学校が集まっているので、そこで暮らすことになります。セブ島は治安も良いので、犯罪に会うことはまずありません。まあ、ストリートチルドレンが、財布を盗もうとするくらいでしょうか。スリは多いので充分注意したほうが良いです。

タクシーも、安く運転手も英語が通じるので、タクシーに乗ったら英語の勉強も出来ます。値段交渉のときに英語で交渉するのが楽しいですよ。あとは、コンビニも24時間営業のところがあるので、生活には全然困りません。セブンイレブンも現地にありますしね。使い慣れたコンビニがあるというのは本当に便利なものです。

授業カリキュラム

授業カリキュラムは、選んだ学校によって違いますが、スピーキング、ライティング、リーディングが主になっています。もちろん、自分で好きなように授業を変更できます。TOEICに特化したクラスもあるので、TOEIC対策も出来ます。

ただ、一番のお勧めはやはりスピーキングです、せっかく海外に行くので、現地でしか出来ないことを学ぶことがなによりいいでしょう。スピーキングは、話している文法を先生が直してくれますし、英語の反射神経もあがります。本当に、スピーキングは重要です。

6勉強方法

やはり、英語の実力を伸ばすには日記を書くことだと思います。毎日、その日にあったことや昔のことを思い出して日記を書きます。そして、その日記を先生に採点してもらいます。文法の間違いや、構成を詳しく直してくれるので、本当に英語の実力がつきます。後は、授業で話したことをその日のうちにノートにまとめることです。

自分で話した単語や、先生が話した単語をメモに取っておいてあとから復習すると、簡単に覚えられます。やはり、自分で発声した単語は記憶に残りやすいものです。できれば、毎日覚えた単語を授業で積極的に使ってみるといいでしょう。そうすると、表現力の幅もあがりますし毎日新鮮な気持ちで授業に臨むことができます。

留学後の英語の伸び

私は、留学前はTOEICは600点でしたが、1ヶ月留学して帰ってきたら、700点までスコアが伸びていました。特に、リスニングがあがっていましたね。やはり、生の英語を毎日聞いていると脳が英語脳に変わっていきます。本当に、留学したかいがありました。

おわりに

英語を学ぶために、短期で海外留学を考えている方、まちがいなくフィリピンがお勧めです。1ヶ月でも、いやむしろ1週間でも英語の実力はつきます。その答えは、マンツーマン授業にあります。ぜひ、興味のある方は検討してみてください。

\ SNSでシェアしよう! /

効果的な英語の学習法を学び、グローバルに成功する英語維新の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

効果的な英語の学習法を学び、グローバルに成功する英語維新の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

英語維新 講師紹介 英語維新 講師一覧

英語維新編集部

英語維新編集部

英語維新 編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【無料アプリ】「英読」「ダイス」これで、あなたも英語で困らない

  • 働く女性やシングルマザーの幸せと成功の条件

  • グローバル社会で生き残るためのビジネス英語検定8選

  • 日常英会話で使う便利な表現

関連記事

  • 英語学習継続のコツ その3

  • 現役外大生が選ぶ本当にお勧めする英語学習本5選!

  • 通訳になるには?英語を生かした仕事に就く方法

  • 海外旅行で使える英会話アプリおすすめ

  • センター英語で9割獲得を約束する参考書3+1冊

  • 家にいながら学べる!おすすめ英語学習サイト