1. TOP
  2. 東京オリンピックまでに英語力が必要な本当の理由

東京オリンピックまでに英語力が必要な本当の理由

Movie ミラクル英語 能力開発・UP
この記事は約 4 分で読めます。 132 Views

こんにちは。
純国産同時通訳者、小熊弥生です。

2020年何があります?
そう、東京オリンピックです。

みなさんも覚えていらっしゃいますでしょうか?
「トーキョー」と選ばれて
歓喜に溢れたあの瞬間
2020年には、本当に日本で開催されてしまうのが
東京オリンピックです。

東京オリンピックがくるということによって
実はみなさんは、大きなリスクにさらされているという事実

お気づきになっていますか?

2015年訪日した外国人観光客
どれくらいだかご存知ですか?

ある統計によりますと、
2015年2000万人がいらっしゃったという数字がでています。

2020年には、政府が4000万人超えさせたいと
言っているんですよね。

今現在、東京都内だけでも、
かなりの外国人が、写真を撮ったり、観光をされているのを
見かけたりしませんか?

そして、これを他人事と思っているあなた
そんなことないですよというのが
今日、お伝えしたいことなんです。

オリンピックが開催されるということは
ボランティアスタッフがたくさん必要になります。

私もいろんな現場の通訳をさせていただいておりますが、
「オリンピックに向けて、たくさんのボランティアが必要だ
英語が話せるスタッフが必要だ」とあちこちで耳にします。

でも実際、ボランティアスタッフだけではないんです。

たくさんの人が、日本にオリンピックの試合、大会を見に来るということは、
ただ単に、観光をしに来るだけではなくて、
ビジネスをしに来るんです。

ということは、
皆さんにとって、大いなるビジネスチャンスが来るというわけです。

しかし外国人の方ですから
ほとんどのコミュニケーション言語は、英語になるのが現実です。

つまり、英語が話せないということは
見えないうちにズンズンズンズンと迫りくる
英語の大きな津波にのまれてしまう
そういうリスクを抱えているという事実、気づいて下さい。

これは、英語の津波なわけですから、
大きなウェーブに過ぎません。

しっかり、英語を操ることができていれば
完璧なネイティブの英語じゃなくてもいいんです。

自分の言いたいことが伝えられる
相手の言いたいポイントが分かる
これだけで、充分ビジネスができます。

オリンピックに向けて、
運動して体力アップさせよう
スポーツブームに乗っていこうという気持ちだけではなく
ぜひ、みなさん
英語にも注目して下さい。

毎日のちょっとしたすきま時間で
いろんな英語の勉強ができます。

大きな英語のビッグウェーブ、津波に
自分のサーフボードで、乗り越えて、
そして、のまれてしまうのではなく、
しっかりと自分のビジネス、
副業でも結構いい結果が出ると思いますから
フル活用していただきたいと思います。

じゃあ4年後、3年後、オリンピックの大会が
開かれる前に、自分で絶対英語をマスターしたいと思った方は、
スクールも開催しておりますので、
是非、下にリンクを押していただきまして、
詳細を確認して、一緒に勉強していただければと思います。

また、いつものこのサイトで、勉強法を公開しておりますので、
そちらもご活用ください。

どうぞ津波に備えていきましょう。

最後まで読んでくださって
ありがとうございました。

see you

\ SNSでシェアしよう! /

効果的な英語の学習法を学び、グローバルに成功する英語維新の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

効果的な英語の学習法を学び、グローバルに成功する英語維新の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
日常英語ですぐに役立つコツを大公開!
『相手の顔が曇った本当の理由』
『相手の心をすぐにつかむ英語のコツ』

の音声をプレゼント!

ページ下のボタンからフォームに進み、メールアドレスを登録すると、音声を無料でダウンロードいただけます

ぜひご活用ください。

●目次
1. 日本語を直訳することで、意図しない意味で伝わってしまう表現とは
2. 相手の心をわしづかみにするコツとは
3. 相手と信頼関係を早くつくるには

日常英語で、こんなお悩みはありませんか?
□「英語を勉強したのに英語が全く通じない
□「日常英語を使ったらのに、相手の顔が曇ってしまう
□「日常英語が上手く話せない」


ブリッジインターナショナルでは、英語を勉強されている方より上記のようなお悩みを数多く伺っております。

確かに、多くの方が英語力向上を図り、高いコストと長い時間をかけて英語を勉強していらっしゃいますが、
実際のところコストやかけた時間に見合うだけの成果を上げられていないケースは少なくないようです。

ブリッジインターナショナルでは、こうしたお悩みにお応えするため、
『相手の顔が曇った本当の理由』・『相手の心をすぐにつかむ英語のコツ』
の音声を無料でプレゼントしております。

 

音声を無料でダウンロードはこちらよりご登録ください



*メールアドレス
*お名前(姓)







英語維新 講師紹介 英語維新 講師一覧

小熊 弥生

小熊 弥生

純国産同時通訳者、バイリンガルMC、英語セミナー講師
1971年生まれ。1991年実践女子短期大学国文科卒業、2004年早稲田大学社会科学部卒業。


短大卒業後に通訳者を目指すも、英語力は英検4級、TOEIC280点と“平均以下”からスタートを切る。独自の勉強法を駆使し、半年後にTOEIC805点を取得して大手英会話学校講師に。その後、TOEIC950点、英検1級、通訳検定2級を取得し、短大卒業から3年半で通訳者デビューを果たす。

現在はフリーの同時通訳者として、主にビジネスシーンを中心に活躍し、数百億円規模の商談に多数関わっている。環境問題、人権問題、核兵器問題、IT、アパレル等の幅広い分野で臨機応変に対応し、顧客からの指名依頼も多い。アンソニー・ロビンズ氏(世界的ベストセラー作家)やホルスト L.シュテルマー氏(ノーベル物理学賞受賞者)の来日講演、F1ドライバーのヤルノ・トゥルーリー氏の取材、アメリカ最大のプロレス団体WWEの来日記者会見、タグ・ホイヤー150周年記念記者会見、有名企業のCEO来日記念取材など、数々のイベントでも通訳をつとめる。

2010年7月からは『世界衝撃映像社』(フジテレビ)へのレギュラー出演を果たし、“バラエティーもできる通訳”として新たな領域を切り開いている。自身の経験をベースにした「英語モチベーションアップセミナー」では一人ひとりの目的に合った効果的な学習プログラム作りを指南。英語学習への意欲を引き出す講演が好評を得ている。

2016年1月、株式会社ブリッジインターナショナルを設立し代表に就任。

著書に『TOEICテスト280点だった私が半年で800点、3年で同時通訳者になれた42のルール』(幻冬舎)、『英語が面白くてとまらなくなる感動のマスターマップ勉強法』(KADOKAWA)、『5000の場数を踏んだ同時通訳者が教える「本当に」ビジネスで通じる英語フレーズ643』(講談社パワー・イングリッシュ)、『TOEICテスト280点から同時通訳者になった私がずっと実践している英会話の絶対ルール』(KADOKAWA)がある。

【小熊弥生 メディアサイト】

・ホームページ:http://www.ogumayayoi.com/
・Facebook:https://www.facebook.com/yayoi.oguma
・Twitter:http://twitter.com/Interpreteryayo

・株式会社ブリッジインターナショナル
 URL:http://www.bridgeinternational.co.jp

この人が書いた記事  記事一覧

  • ブライアン・トレーシーの通訳が教える、目標を達成する「生産性を高める3つの鍵」とは?

  • ブライアン・トレーシーの通訳が教える、目標達成する秘密とは?

  • 初めてTOEIC試験を受けるあなたへ

  • ロジャー・ハミルトンから学ぶ、海外の起業家たちとビジネスを成功させる方法

関連記事

  • 英語のキャリアを成功させるたった1つのポイント

  • あなたに合った英語学習法見つけましたか?

  • 3つのコツを押さえて 英語を英語らしく話そう

  • ブライアン・トレーシーの通訳が教える、目標達成する秘密とは?

  • 成功者が身につけている「生きた英語」の学習法 
    -TED翻訳版を活用して生きた英語をインストール-

  • 人間関係に疲れたあなたへ 必殺英語フレーズ