1. TOP
  2. 【就職に有利!?】優先して取得したい資格ランキング!

【就職に有利!?】優先して取得したい資格ランキング!

ビジネススキル 資格取得
この記事は約 5 分で読めます。 367 Views

はじめに

今の日本において、安定した仕事に就くために、何かしらの資格を取得するのは非常に大切なポイントです。しかし、無我夢中で資格を取得するよりも、就職に有利な資格をピンポイントで取得するほうが効率がいいのも事実。今回は就職に有利になる資格をランキング形式で紹介していきます。

TOEICなどの英語資格

就職に有利な資格ランキング、栄えある第1位は英語資格です。現代の日本は、海外に進出している企業が大半になっています。そんなグローバルな世界において、インターネットによって簡単に海外との取引をすることが出来るようにもなっています。ビジネスをしていく上で、海外との手続きは非常に多くなってきています。

外資系の企業に就職や転職をするには、TOIECや英語検定などの英語系資格があれば、優先的に採用されることでしょう。日本の企業に就職するにしても、世界中の国を相手にビジネスをする会社が多くなっているので、英語力の重要性は年々高まってきています。

以前の日本であれば、英語が出来れば有利な世界というような認識でしたが、現段階では英語が出来て当然のような時代になってきています。ちなみに、ユニクロなど、日本屈指の大企業では、社内の公用語を英語にすることを決定しており、日本人だけの会議でも英語を使用しているのです。

また、昇進の条件としても、TOIECのスコアを要求しており、以下に英語力が重要視されているかが確認できますね。
とにかく、英語が出来ることはだんだんと必須条件のようなポジションになってきていますし、自分にとっても必ずプラスになるポイントですので、英語の勉強を開始することをオススメします。

マイクロソフト オフィス スペシャリスト

マイクロソフトオフィススペシャリスト(通称MOS)は、世界的に有名なマイクロソフト社による資格です。エクセルやワードなどのソフトを使いこなす能力を確認するための資格であり、この資格も就職に有利になることは間違いありません。
現代の日本では、どんな業種であってもパソコンを使わずに業務をすることは不可能になりつつあります。

そして、多くの会社はワードやエクセル、パワーポイントなどのマイクロソフト製品を利用しています。結果的に、マイクロソフト オフィス スペシャリストの資格を有している人は、会社から戦力として大きな評価を得ることができるのです。

どんな会社に就職する場合でも、ワードやエクセルなどのスキルは必要不可欠です。パソコンが使えなければ就職できない現代において、この資格は就職するための重要なポジションを占めているといっても過言ではありません。

簿記検定試験

簿記の資格を取得するということは、現代における社会人のマナーであるとも言われています。簿記に関する知識は、社会で働く為に必須のスキルになりつつあります。会社では、いろいろな取引先との関係を築いているので、最低限のお金の流れを理解しておかなくては、会社に貢献することは不可能です。

経理や事務職の職種であれば当たり前のように要求される資格ですし、そうでない営業やエンジニアでも簿記に関するスキルを持っておくと有利になります。また、履歴書に簿記の資格を書くことで、会社に利益をもたらすことの出来る人材であることをアピールできますね。

ITパスポート試験

ITパスポートは、以前に実施されていた初級システムアドミニストレータが廃止されたことにより、新しく制作された国家資格です。歴史が浅く、難易度も高くないことから、IT資格の入門的な資格に位置づけられています。
先述のマイクロソフトオフィススペシャリストが、エクセルやワードなどの扱い方に長けているのに対し、この視架空は、コンピュータの内部設計や動きまでを勉強することになります。

この資格を有しているということは、仕事の流れをしっかり把握できるということになります。というのは、流れをよくするためにシステム改善が可能であり、結果として仕事が速く、効率の良い作業を行うことが出来るということになります。現代のような、大量の情報が流通している時代において、効率よく情報を処理する能力が求められています。

この強みを有している人は、当然会社から高く評価してもらえますし、採用される可能性も高くなるでしょう。企業目線としては、効率よく仕事をこなす人が欲しいのは当然です。その中でITパスポート取得者は非常に有利になるのです。

宅地建物取引主任者

この宅地建物取引主任者という資格は、一般的に宅建と呼称されている国家資格であり、この資格を取得することが出来れば、不動産の売買はもちろんのこと、交換などを行うことも出来るようになります。
不動産会社は、絶対に法律で定められた、一定以上の宅地建物取引主任者を事務所に置かなければなりません。

ということは、宅地建物取引主任者の資格を有しているだけで不動産会社からの評価は高くなりますね。この資格があれば、入社してすぐに戦力として期待されるので、就職や転職の最大の武器になってくれるでしょう。

常に一定以上の需要があるので、資格を有していない人との差は大きくなっていきます。ちなみに、不動産関連の企業に就職する際には、宅建の資格を所有することで圧倒的に有利になります。当然、就職が成功する可能性も高くなるので、取得する価値は絶大です。

おわりに

就職に有利な資格についてご紹介していきましたが、いかがだったでしょうか?どんな企業が相手でも、欲しい人材は効率的に仕事を行うことの出来る人です。会社から即戦力であると思わせるような人材になっていきましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

効果的な英語の学習法を学び、グローバルに成功する英語維新の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

効果的な英語の学習法を学び、グローバルに成功する英語維新の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

英語維新 講師紹介 英語維新 講師一覧

英語維新編集部

英語維新編集部

英語維新 編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【無料アプリ】「英読」「ダイス」これで、あなたも英語で困らない

  • 働く女性やシングルマザーの幸せと成功の条件

  • グローバル社会で生き残るためのビジネス英語検定8選

  • 日常英会話で使う便利な表現

関連記事

  • 「情報処理関連資格取得に意味はあるのか」この疑問に答える5つの視点

  • 海外旅行・準備に英会話ができるようにしていると便利

  • 効率よく身につける!社会人の英語の勉強方法5ステップ

  • 初めてだって大丈夫!英検三級の面接に簡単に受かるコツ

  • 専門的英語力を磨くための英語検定6選と今後の動向!

  • 今だからこそ叶える!社会人留学を成功させる7要素とは