1. TOP
  2. 就職のための資格は?有利な資格4選

就職のための資格は?有利な資格4選

ビジネススキル 資格取得
この記事は約 5 分で読めます。 544 Views

就職に有利な資格を取得しよう

就職に有利な資格をとりませんか。ただ適当に資格を持っていればいいのではなく、有利になるものがあるのです。もちろん自分の希望する職業があればそれに見合ったものをとればいいのですが、そうでない場合はしっかり見極める目が大切ですよ。ただの資格マニアにならないようにどのようなものがいいのかをまとめました。

マイクロソフトオフィススペシャリスト

マイクロソフトオフィススペシャリストはあのマイクロソフト社が実施している試験です。ワードやエクセルのソフトをどれだけ使いこなせるのかを見極める専門の資格です。今やwindowsを導入している企業は多くワードなどのオフィス製品は当たり前のように使われているので、持っていると率先力になることをアピールでき、断然就職に有利な資格と言えるでしょう。

他のワードやエクセルの試験と比較してもハイレベルな内容なのでパソコンのオフィス製品を使いこなせることをアピールできますよ。また国家資格ではなく世界共通のグローバルな資格なので海外進出している企業でも高く評価されるでしょう。他のどんなパソコン検定よりも就職や転職になるのでぜひ取得しましょう。

ITパスポート試験

ITパスポート試験はIT業界だけでなく働くすべての人が就職するのに有利な資格です。ワードやエクセルなどのようにパソコンソフトを使って行う作業だけでなく、ITパスポートはコンピューターの技術や経営を改善する知識など、仕事をするための基礎知識を証明できる資格ですよ。

もともとは初級システムアドミニストレータという資格がありましたが廃止されてITパスポートと言う資格ができました。

IT技術・経営・管理の基礎知識のジャンルからITパスポート試験では出題されますよ。また国家資格なのでで就職に非常に有利でしょう。取得していれば積極的にアピールできます。IT化されている現代にはかかせない資格なので取得をおすすめします。

TOEIC 英検

今や英語ができて当たり前の時代になっていますのでTOEICや英検ができれば就職に有利になるでしょう。世界進出したり、世界を相手に取引する企業は増えているので必然的に英語のスキルが必要になってきます。

グローバルな企業へ就職するためにはかかせない資格と言えるでしょう。また出世に影響を与える大手企業もあるのでTOEICや英検を取得してあることは今後にも影響を与えかねません。就職でアピールするならぜひ取得しておきましょう。

簿記検定

簿記の知識は企業のあらゆる経理処理を行うためにかかせません。お金を処理する仕事なのでどの会社でも必要とされています。簿記の資格を持っていれば就職に有利になるでしょう。昔から経理業に就くのに有利とされてきた資格です。

就職はもちろん起業するためにもかかせない知識です。

日々の金銭処理だけでなく確定申告でも役立ちますよ。簿記検定は3級以上を取得しておきましょう。またできれば2級以上の取得をおすすめします。企業によっては2級以上でなければあまり重要視されないこともあるので注意しましょう。

また簿記にも、日商簿記、全経簿記、全商簿記、日ビ簿記と種類があります。主催者が違う程度でさほど違いはありませんが、メジャーなのは日商簿記なので参考にするといいでしょう。もし建設業に就職する場合は建設業簿記があるので取得しておけばより有利になるでしょう。

就職に有利な資格は国家資格だけど…

国家資格は就職に非常に有利な資格でしょう。国が認める資格なので評価が高いのは当然です。しかし国家資格は専門の過程や実務経験がなくては取得資格を得られないので就職する前に取得することはできません。

たとえば看護師は専門学校へ行って卒業証明がなくては看護師の受験資格を得られません。

建築士は現場で最低でも3年以上の実務経験が必要です。今需要の高い介護福祉士も養成学校を出ていることや実務経験が3年以上必要であることから、職業に見合ったプロセスがなければ専門性の高い国家資格の受験資格は得られないのです。

宅地建物取引主任者なら実務経験いらずで取得できる!

しかし宅地建物取引主任者も国家資格になりますが、受験資格はありません。不動産取引をするときにかかせない資格で不動産会社では非常に優遇されます。また常に一定の需要があるところも魅力でしょう。不動産系や建設業内の不動産部への就職に役立つこと間違いなしでしょう。

宅建は国家資格なのに誰でも自由に取得でき、常に需要もあるところから不動産系の就職に有利になることは言うまでもありません。また働き出してから取得するように言われる可能性が高いのでそのようなことからぜひ取得しておきたい資格のひとつですね。

しっかりアピールできる就職に有利な資格を取得しよう

「資格は就職に有利」なのはたしかですがどれでもいいわけではありません。世界で通用するレベルであること、国家資格なこと、今需要がある業種であることを見極めて取得しなければなりません。自分がなりたい職業に合わせて取得するのが一番ですが、もしない場合は上の4つの資格を取得することをおすすめします。就職時のアピールだけでなく、働きだしてからもきっと役立つでしょう。自分に合ったものを選ぶことを忘れずに取得してくださいね。

おわりに

どうせ取得するのなら就職に有利な資格を取得すべきでしょう。また自分のニーズに合わせて取得すればムダになりません。資格に頼り切るだけでなくこれから需要のある業種に合わせて取得する必要もあるでしょう。自分の目でしっかり見極めることは資格を取得するだけでなく、就職してから輝くためにもかかせませんよ。ぜひなりたい自分を目指してがんばってくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

効果的な英語の学習法を学び、グローバルに成功する英語維新の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

効果的な英語の学習法を学び、グローバルに成功する英語維新の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

英語維新 講師紹介 英語維新 講師一覧

英語維新編集部

英語維新編集部

英語維新 編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【無料アプリ】「英読」「ダイス」これで、あなたも英語で困らない

  • 働く女性やシングルマザーの幸せと成功の条件

  • グローバル社会で生き残るためのビジネス英語検定8選

  • 日常英会話で使う便利な表現

関連記事

  • 宅建に合格する為に必要な最短の勉強時間とは

  • 効率よく情報をインプットするための速読術について

  • 1回で勝ち取る独学での社労士の勉強時間

  • ホップ・ステップ・ジャンプ! 簿記3級独学取得への4ステップ

  • 独学で合格を目指す! 自分らしい宅建勉強法こそ合格の秘訣

  • 社会人が簿記1級の勉強時間を捻出する黄金ツール活用術