1. TOP
  2. 大学生は、フィリピンに格安で短期留学にいこう

大学生は、フィリピンに格安で短期留学にいこう

留学 英語学習法
この記事は約 5 分で読めます。 27 Views

はじめに

英語の実力を伸ばしたいならば、海外留学がおすすめです。しかし、海外留学は高いという方、ぜひフィリピン留学をけんとうしてみてください。安い、伸びる、近いの3拍子そろっています。しかも、友達もできます。お勧めです。

フィリピン留学とは

 

最近ブームとなっているフィリピン短期留学ですが、いったいどういう風に授業が行われるのでしょうか。簡単にいうと、1対1のマンツーマン授業か、少人数のグループレッスンとなっています。場所は、フィリピンのセブ島がもっとも有名で、学校の数も多いです。

生徒は主に、日本人、韓国人が多いです。セブ島は安全なので、過ごしやすいのです。ですので、近年フィリピン留学というのがはやっているのです。とくに、夏休みの時期になると、大学生が多く留学します。現地で、友達ができるのでたのしいですよ。もちろん、生徒は日本の大学生だけではなくて、韓国の大学生も留学にやってきます。

はっきり言って、若い韓国人は反日なんてのはまったくないので、そこは心配しなくて大丈夫です。そもそも、反日なら日本人のいない学校を選びますからね。韓国人は、まじめだし、英語のスピーキングがうまいので、仲良くなるだけでも勉強になるし、良きライバルとして切磋琢磨し勉強に打ち込めますよ。

かかる費用

フィリピン留学にかかる費用ですが、1ヶ月で家賃、授業料、1日3食、すべてついて13万~18万円といったところです。この値段のばらつきは、一人部屋か、複数人で部屋をシェアするかによって違ってきます。

しかも、複数人のシェアですと日本人だけでなく、ほかの韓国人などともいっしょになれるので、日本と違った環境を試したいのであれば、複数部屋がお勧めです。基本的に大学生は、予算の関係からか複数人部屋、社会人はお金がありプライベートを大切にするので、一人部屋が多いようです。

フィリピンという国

フィリピンは、年間を通して日本の夏より少し温度が低いくらいです。それでいて、物価も安いので、生活はかなり楽しいです。お酒も安いですからね。日本人も、町のあちこちにいるので、困ったら助けてもらえるかもしれません。そして、フィリピン人はほとんど英語がペラペラなので、町を観光するだけでも、英語の勉強になります。

まあ、多少スリが多いので、そこには気をつけなければなりませんね。あとは、タクシーに乗るときにメーターを使わないタクシーが多いので、そこは交渉しなければなりません。そこで、おどおどせず自分の主張をはっきり言えなければ、ぼったくられるので、気をつけなければなりません。そこがちょっと面倒です。

お勧めの学校

フィリピンのセブ島の学校はかなりたくさんあり、選ぶのが難しいです。しかし、無難なところは、日本人経営の学校です。NILS,3Dアカデミーなど。もしも、現地でトラブルがあったら、スタッフが日本人なので助けてくれます。料理も日本人にあわせて作ってあるので、食べやすいですし、やはり日本人経営の方が、ルールがしっかりしているそうです。

他の韓国人経営の学校と比べると、多少高いですがそこまで大きな差はないので、お勧めです。
そして、ほとんどの学校にWIFIも付いていますし、警備員も銃を持って警備してくれています。

私の実体験

私は、一番はじめに留学した学校はNILSというセブ島の学校です。2月から3月の1ヶ月留学したのですが、その時期は大学の休みとかぶっていたので、大学生がうじゃうじゃいました。ですので、友達はかなりできました。
肝心の授業はというと、マンツーマンで一日8時間です。はっきり言ってめちゃくちゃつらかったです。毎日8時間も先生と顔を合わせて、授業するんですよ。



しかも、当時の私の英語力がTOEIC500点ほどだったので、会話もままならずかなりストレスがたまりました。英語がそれほどできない方は、1日6時間のコースにしたほうがいいと思います。

授業内容は、発音からスピーキング、TOEIC対策なんてのもあるので、自分のやりたいようにできます。私はバランスよく授業を割り振っていました。発音の授業はやはり1対1ならではなので、授業に組み込むと重宝します。お勧めです。

勉強以外のこと

勉強以外のことも、フィリピンでは楽しめました。海に行ったり、クラブにいったりと週末は観光気分で、楽しむことができました。周りは大学生や20代ばかりなので、一緒に遊ぶと本当に楽しいです。羽目をはずし過ぎないように気をつけてください。

どれほど伸びたのか

私は、留学する前はTOEICですと500点でいたが、大体600点まであがりました。現地のコースでTOEICコースを入れたことが幸いしましたね。もちろん、テストの点だけでなく、発音も日本人の発音からネイティブの発音に変わったかなと思います。発音を矯正するとリスニングもあがるようになります。

知っていましたか?リスニングは自分で発声できないと、聞き取れないそうです。ですので、発音もとても大事なのです。
わずか、1ヶ月の短期留学でしたが、英語の実力はかなり伸びたと思います。なにより、スピーキングにためらいがなくなりました。

おわりに

海外留学は、ちょっと怖いなと考えて、行動しないよりは、絶対にチャレンジしたほうがよいです。海外に行くと、気分も変わりもっと英語が話したいという気持ちになり、やる気も出ます。フィリピンならば、日本からそんなに時間もかからないので、お勧めです。

\ SNSでシェアしよう! /

効果的な英語の学習法を学び、グローバルに成功する英語維新の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

効果的な英語の学習法を学び、グローバルに成功する英語維新の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

英語維新 講師紹介 英語維新 講師一覧

英語維新編集部

英語維新編集部

英語維新 編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【無料アプリ】「英読」「ダイス」これで、あなたも英語で困らない

  • 働く女性やシングルマザーの幸せと成功の条件

  • グローバル社会で生き残るためのビジネス英語検定8選

  • 日常英会話で使う便利な表現

関連記事

  • 留学前の日本での英語学習教材はこの3つ!

  • 簡単!3つの英語勉強法

  • 英検1級をとりたければ単語を覚えまくれ

  • 海外ドラマで楽しく英語学習!

  • 英語学習には海外ドラマが絶対オススメ!

  • 英語漬けで語学力UP!カナダ留学エージェントの選び方