1. TOP
  2. グローバル社会で生き残るためのビジネス英語検定8選

グローバル社会で生き残るためのビジネス英語検定8選

 2017/03/02 海外・グローバル 英検 英語学習法
この記事は約 6 分で読めます。 500 Views

はじめに

グローバル化はますます進み、ビジネスの場では英語の必要性はさらに増しています。
新規採用や昇進・昇給などで注目されるのはTOEICスコアですが、
高得点であってもビジネスで使えないという声も聞かれます。
 
このような背景もあり、ビジネス英語能力を測るための検定試験が現在60以上もあります。
その中から、8つのビシネス英語検定をご紹介します。
 

1.日商ビジネス英語検定試験

ビシネス英語検定と言えば、この日商ビジネス英語検定試験を指すことが一般的です。
 
1~3級までのレベルがあり、パソコンを使いインターネットを介して試験がおこなわれます。
2級と3級は、試験が終了するとすぐに採点されるので、結果もすぐに受験者に通知されます。
1級もインターネットで答案を回収しますが、こちらの結果は数ヶ月経ってからとなります。
1~3級まで共通して問われるのが、英語によるビジネスコミュニケーション能力です。
1級は豊富な海外取引経験、2級は入社前から入社後1~2年以内、3級は入社前に身につけるべき能力という基準になっています。

 

2.BULATS(ブラッツ)

BULATS=Business Language Testing Serviceは、日本英語検定協会が、イギリスのケンブリッジ大学英語検定機構と提携し、2004年から実施している検定です。
 
BULATSは、EUを中心に世界に広く普及しているビジネス英語能力テストなのですが、
それを日本に合わせた内容にしています。
 
「英検」と同じように、「リスニング」「スピーキング」「リーディング」「ライティング」の4技能について、ビジネスシーンに必要な英語コミュニケーション能力を測る検定試験です。BULATSもコンピュータ試験なので試験終了後すぐに結果がわかります。
 

3.ケンブリッジ英検(ケンブリッジ大学一般英語検定試験)

BULATSと同じ、ケンブリッジ大学が問題作成と採点を実施している英語運用能力テストです。
1913年に始まり、150数カ国で実施されていて、
英語以外を母国語とする学生や社会人の英語能力試験として利用されています。また大学入学資格の条件とされることもあります。
 
合格者にはケンブリッジ大学から証明書が発行されます。
国際共通語としての英語力が基本4分野について判定されます。
試験は細かく細分化されていて、学生向きのビジネス英語試験もあり、日本では1995年から始まりました。
 

4.実践ビジネス英語検定

国際的に活躍する経営コンサルタントの大前研一氏が監修しているのが、
ビジネス・ブレークスルー(BBT)実践ビジネス英語検定です。
 

3分で、あなたのビジネス英語力レベルが判るとしています。
世界とコミュニケートしていく能力を「グローバルコミュニケーション力」と定義し、
この能力習得に不可欠な3つの「伝える力」、「考える力」「マインド」をもとに、
あなたのレベルを判定してくれます。
 

あの大前研一氏が、グローバル人材度を3分でチェックしてくれます。
実際に受けてみましたが、世界中でのビシネスシーンが登場しました。
私は英語力とマインドはあるの判定されましたが、考える力が不足していました。
90点満点中70点でした。
 

5.ビジネス英語翻訳士/ビジネス英語準翻訳士/ビジネス英語翻訳主任者

BESビジネス教育学会が主催する検定試験です。
ビジネスの実践面において使える翻訳能力が認定されます。
試験は3つのレベルに分かれていて、ビジネス英語翻訳主任者、準翻訳士、翻訳士があります。
ビジネス英語翻訳士は、準翻訳士合格者のみ受験できます。
ビジネス英語翻訳主任者と準翻訳士については併願ができます。
それぞれ英訳と和訳が出題されて翻訳能力が認定されます。自宅で受験するので、
辞書、辞典、電子辞書などを使用できます。解答後、Eメール、FAX、郵送などで提出することになります。
合格者には合格証明書が発行されます。
 

6.ビジネス通訳検定(TOBIS)

ビジネス通訳検定は、逐次通訳試験と同時通訳試験がおこなわれ、 
試験の成績により1級、2級、3級、準3級、4級までの能力を判定されます。
2~4級が逐次通訳試験で、ビジネスの現場を想定した逐次通訳の技術が判定されます。
1級が同時通訳試験で、ビジネスの現場を想定した同時通訳の技術が判定されます。
試験会場は、2014年は東京の「JICA地球ひろば」でおこなわれました。
企業(団体)内で活躍するために必要な「通訳スキル」が判定され、検定結果は個別にフィードバックされるので、スキルアップに役立てることもできます。
 

7.TEP TEST(早稲田大学-ミシガン大学 テクニカルライティング英語検定試験、略称:早大-ミシガン大 TEP TEST)

The Technical English Proficiency Test of the Joint Program in Technical Communication of the University of Michigan and Waseda University-というとても長い試験名の略称が、
TEP TEST です。
1984年に、ミシガン大学と日本テクニカルコミュニケーション協会 (JATEC) によって開発された検定試験です。
問題はすべて記述式なので、国際ビジネスに不可欠な実務英語(レター・ファックス・E-mail などの通信文、論文、スペック、提案書、契約書など)の発信技能を中心に、
英文コミュニケーション能力が正確に測定されます。
 
ミシガン大学と早稲田大学が責任を持って管理しているので、評価の信頼も高い試験となっています。試験会場は、東京、名古屋、大阪、北九州の4か所です。
 

 

8.観光英語検定試験(Tourism English Proficiency Test)

全国語学ビジネス観光教育協会が実施しているされている検定試験です。
旅行・観光・ホテル・レストランサービス等のビジネスにおける英語の一般的能力を測定するだけでなく、
業界独特の専門用語や言い回しなどを含め、ビジネスに必要な英語コミュニケーション能力も測定されます。
 
筆記試験とリスニング試験があり、どちらも旅行、観光等に関する出題です。
札幌から沖縄まで日本各地で試験がおこなわれ、1級~3級までの判定がなされます。
インターネットでCBT方式の模擬試験を受けることもできるので、試験対策として利用するとよいでしょう。


 

おわりに

今回ご紹介したものの他にも、さまざまなビジネス英語スキルを測定できる試験があります。
検定試験はビジネス英語能力を証明するだけでなく、試験に合格することを勉強の分かりやすい目標にすることができます。
 
どの部分を勉強したらいいのか、自分の弱い所はどこなのか…などを自分で把握しやすい利点があります。
目標に向けて頑張るのはビジネスマンの得意分野ですから、
検定試験をペースメーカーにするのも良い方法です。

\ SNSでシェアしよう! /

効果的な英語の学習法を学び、グローバルに成功する英語維新の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

効果的な英語の学習法を学び、グローバルに成功する英語維新の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
280点からたった半年で800点を突破したTOEICスコアアップ法を大公開!
『280点からたった半年で800点を突破した
小熊弥生式TOEICスコアアップ法』

の音声のPDFをプレゼント!

ページ下のボタンからフォームに進み、メールアドレスを登録すると、音声を無料でダウンロードいただけます

ぜひご活用ください。

●目次
1. まずは単語から。あなたは、聴覚派? 視覚派?
2. 私がTOEICのスコアを一気に伸ばした単語記憶法
3. 単語は「語源」と「グルーピング」で増やす
4. 単語記憶の鍵は「感情」「連想」「音楽」
5. パターンで克服するカンタン文法勉強法
6. 紛らわしい前置詞は絵でマスター
7. 冠詞は「数」と「特定か否か」を意識しよう
8. リスニングは大量聞き流し、ぶつぶつ繰返しが効果的!
9. 読解力アップのコツは大量の流し読み
10. スキミングとサイトラで速読英語脳!
11. パート1&2対策は、身の回りのことの英語化!
12. パート3&4の対策は、設問と回答の速読!
13. パート5&6は、設問を読んでから回答を探そう
14. 英文を全部読んでいては、パート7で点は稼げない

●はじめに(PDFより抜粋)

短大を卒業した後、「通訳者になりたい」と思った私は、生まれて初めてTOEICを受けました。それまで英会話を少しかじっていたのですが、テストの準備はまったくしておらず、スコアはなんと280点。とても落胆したことを覚えています。

ところが、半年後に再度TOEICを受けた時には805点にアップ! これには、私自身もびっくりしました。その後、半年かけて900点をクリアし、さらにその1年後に950点を達成しました。そしてTOEICで280点を取ってから3年半後、海外留学経験ナシで純国産の通訳者となり、現在はフリーの同時通訳者として仕事をしています。

私はこれまで、多くの方から「なぜ半年で500点以上もスコアを上げられたのか」という質問を受けてきました。
2011年10月には幻冬舎より初の著書『TOEICテスト280点だった私が半年で800点、3年で同時通訳者になれた42のルール』が出版され、私の経験を踏まえた英語学習のコツをお伝えできたと思っています。
さらに2012年4月には、英語を身に付けたいと願うすべての方に向けて、目標を達成する勉強法をまとめた『英語が面白くてとまらなくなる感動のマスターマップ勉強法』(中経出版)を上梓しました。

このPDFは、「これからTOEICを受ける」という方、「TOEICのスコアをアップしたい」という方に向けて、これらの本や私のブログなどで取り上げている英語学習法の中から、TOEICの攻略につながる情報にしぼってご紹介するものです。
このテキストが、みなさまの英語学習の一助となることを祈っております。

小熊弥生

 

音声を無料でダウンロードはこちらよりご登録ください

英語維新 講師紹介 英語維新 講師一覧

英語維新編集部

英語維新編集部

英語維新 編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【無料アプリ】「英読」「ダイス」これで、あなたも英語で困らない

  • 働く女性やシングルマザーの幸せと成功の条件

  • グローバル社会で生き残るためのビジネス英語検定8選

  • 日常英会話で使う便利な表現

関連記事

  • 英語漬けで語学力UP!カナダ留学エージェントの選び方

  • 英検1級をとりたければ単語を覚えまくれ

  • 英検三級、攻略方法!問題を確実に解くには?

  • アメリカで人気の幼児向けオンライン英語教材

  • 短期語学留学で英語のスキルアップ!

  • 英語の基礎力をつけるための厳選教材5点