1. TOP
  2. 子供の英語教室はどう決める?お勧めの教室の選び方

子供の英語教室はどう決める?お勧めの教室の選び方

 2015/05/20 英会話教室 英語学習法
この記事は約 5 分で読めます。 826 Views

はじめに

日本人の英語能力は世界的に見ても低いと言われていますが、実際、学校で英語は必修授業だったのに、大人になると完全に忘れてしまい、海外の人と会話をするなんて緊張してとてもじゃないけど話せない。なんて人は多いのではないでしょうか。
そこでせめて子供だけでもと、小さいうちから英語教育を始める親が多いと聞きます。子供向け英語教室も増えていますが、では何を基準に選べば良いのでしょうか。

増える子供英語教室

子供の英語教室と言っても、様々です。大手の教室から、小さな町の教室まで。ネイティブ講師の所もあれば、日本人が教えている教室もあります。最近では英語のプリスクールまで増えており、子供から始める英語教育は過熱しているようです。では、自身の子供に英語教育をしている私が、お勧めする教室のタイプを挙げてみます。

英語耳を作るには

英語教室と言っても、その教室によって特色がありますし、何をメインに教育して、どういったレベルを目指すかによって変わってきます。
英語を初めて習う子供にとって、未知の言葉である英語にまずは慣れなければなりません。
うちの子、初めてだからいきなり外国人講師となんて・・・。と思う親もいるかもしれませんが、やはりネイティブの外国人講師をお勧めします。

小さい子供の耳は特に適応能力が高く、すぐに慣れます。日本語に慣れてしまった大人が聞き取りにくいサウンドでさえ、英語をシャワーのように浴びていると、自然と慣れ、英語耳が作られるのです。

お勧めのクラスは

そこでお勧めしたい英語クラスですが、個人よりもグループレッスンです。グループで学ぶことで、お互いに刺激しあい、レベルが向上するものです。気を付けなくてはならない点が、日本語を話していないということです。大人もそうですが、英語教室に日本人がたくさんいるとつい日本語が出てしまうということがあります。しかし、英語のレベルを向上させたければ、日本語禁止と強く言ってくれるレッスンがいいですね。

さらに、自分より少しレベルの高い生徒がいるクラスがお勧めです。英語は、まずは物真似です。会話力にしても、勉強の仕方にしても上手な人の物真似をすることが大事です。赤ちゃんが言葉を話し出すようになるのと同じで、人の話し方をまね、いつか自分の会話にしてしまうのです。また、グループレッスンだと一緒に英語をする友達が出来るので、誰かと一緒にすることで嫌いになる確率も低くなると思います。

他の親も見てみよう

英語を子供に習わせる理由として、ただ将来のために何となく英語を習わせてみた。という親も多いかと思いますが、学習に一生懸命な親が通わせている子供の英語教室は、質も高い気がします。例えば、子供と家で一緒に勉強をしている親からは、英語学習のヒントがもらえます。

たとえ英語ができなくても、英語教室のネイティブ講師と一生懸命英語で話そうと努力する親を、何度も見たことがあります。このような親は子供にも刺激になりますし、そういった家の子供はよく学習しているので一緒のクラスにいれば刺激されて自分の子供まで伸びます。このようにお互い刺激しあうことが英語を伸ばすコツでもあるのです。

質の高い教室選び

次に教室の質ですが、先ほどもネイティブ講師をお勧めすると書きましたが、中にはネイティブだけど英語を教えた経験は全くなく、日本語が話せないけど日本で仕事を探していて、英語教師の仕事に就いたという講師がたくさんいます。そのような講師とただ英会話を楽しんでいても、ある程度以上の英語レベルからは伸びなくなると思います。

そこで教師の質ではなく、英語教室自体がきちんとしたメソッドを持っているかということが大事になってきます。教室によって様々ですが、語学は読む書く聞く話す全ての行動を行って身につくものです。もちろん、読み書きのできない小さい子供にはまずは英語をシャワーのように浴びせて慣らすことから始めることが基本ですが、ある程度の年齢になると、読み書きが必要になってきます。

小さい子供が日本語を学んでいく過程と同じです。初めは話しかけて、聞く能力をつけていき、話す能力をつけ、読み書きで定着させるのです。もし英語教室が独自のメソッドを持っていて、他の教室にはない勉強方法を実施しているのなら、一度見学してみてください。

クラス分けは年齢別?レベル別?

英語能力を身に付けるには、年齢も関係してきます。たまに幼稚園児が、大人の受ける英語検定で上の級を取得したということを聞きますが、なかなか現実には難しいものです。他の勉強と同じで、子供の学習能力は年齢を重ねるごとに上がってきます。日本語を理解するのと同じで幼稚園児よりも小学生のほうが一般に英語を理解するという能力は高いです。

特に文章を読むうえで、年齢を重ねた方が書いてある内容を理解しやすいのです。そのため、年齢別かレベル別どちらでクラス分けされている英語教室のほうがいいのかというと、正直どちらもといいたいです。子供の年齢とレベルに合った英語教育を提供してくれる教室を探してあげてください。

教室は長期で通える所を

言葉はツールなので、実際に使うことに意味があります。話せるようになるには口の筋肉を鍛える必要がありますし、時間がかかるものだと思ってください。子供は頭も柔らかく、スポンジのようにすぐに吸収するかわりに、忘れることも早いのです。
そのため、学習は短期ではなく、出来るだけ長期のスパンで考えてください。
そのためには、なるべく自宅から、ストレスがなく通える距離で、長く続けられる教室を選んでいただきたいと思います。

おわりに

このようにいくつか挙げてきましたが、英語教室はたくさんありその特色も様々であるため、なかなか良いと思える教室を見つけることは難しいと思います。しかし、体験教室を実施している個所もたくさんあるので、まずは自分の目で見て、お子さんが長く楽しく続けられる教室を探してあげてください。最終的には子供のやる気と根気が必要になりますので、合った教室が見つけられると良いですね。

\ SNSでシェアしよう! /

効果的な英語の学習法を学び、グローバルに成功する英語維新の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

効果的な英語の学習法を学び、グローバルに成功する英語維新の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

英語維新 講師紹介 英語維新 講師一覧

英語維新編集部

英語維新編集部

英語維新 編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【無料アプリ】「英読」「ダイス」これで、あなたも英語で困らない

  • 働く女性やシングルマザーの幸せと成功の条件

  • グローバル社会で生き残るためのビジネス英語検定8選

  • 日常英会話で使う便利な表現

関連記事

  • 海外旅行・準備に英会話ができるようにしていると便利

  • 即戦力の英語を独学マスターしたい人におすすめしたい本5選

  • 海外旅行するならここ!自然豊かな世界都市、ワシントンDC

  • 英会話を独学で身に付けるおすすめの方法

  • 英語リスニングおすすめトレーニング7選

  • いますぐ英会話が独学できる!おすすめのyoutubeチャンネル6選