1. TOP
  2. オーストラリアへのワーキングホリデーにかかる費用。お金がなくても夢をあきらめない!

オーストラリアへのワーキングホリデーにかかる費用。お金がなくても夢をあきらめない!

 2015/06/27 仕事術 海外移住
この記事は約 5 分で読めます。 365 Views

はじめに

青い空、青い海、コアラにカンガルー。観光スポットも盛りだくさんのオーストラリア。そう、今の生活を抜け出してオーストラリアで生活してみよう!

お金がない?いいえ、大丈夫。お金がなくても、英語ができなくても、やってみようという勇気さえあれば大丈夫。年齢制限に引っかかる前にぜひ、チャレンジを!一度しかない人生、劇的に変えてみませんか?

ワーキングホリデーとは

ワーキングホリデーとは、各国の若者たちが他国にある一定期間滞在し、その国で就労をしながら生活をすることができる制度です。現在ワーキングホリデーを実施している国は韓国、シンガポール、ドイツ、カナダ、オーストラリア、シンガポールなどがあります。

筆者は20代にオーストラリアのワーキングホリデーに参加した経験があります。ワーキングホリデーは留学と違って、勉強だけをしに行くのではなく、その国で仕事をしたり、旅行をしたり好きにその期間を過ごすことができます。年齢制限があるところがほとんどですが、ぜひ若いうちに海外生活を経験し、人生に彩りを加えてみてはどうでしょう。

がんばり次第では、英語だけでなく各種の資格を取ることもできるので、ステップアップにも最適です。とはいっても、何の準備もなく簡単にいけるの?と不安なあなた、準備は最初の申し込みから始まりいろいろとありますが、以外になんとかなるものです。実際に自分でやってみると、どうってことない。やらないでする後悔より、やってみて後悔するほうがいいんじゃないか!

英語ができなくても大丈夫?

これもなんとかなります!どこの都市に行くかにもよりますが、都市部や観光地のケアンズ、ゴールドコースト、シドニー、メルボルン、パースなど都市には必ず日本人向けの情報センターがあり、そこで他のワーキングホリデー(以下ワーホリ)の人たちと出会うことができます。

英語はできなくてもまずはそういった情報センターで生活に必要な情報を集めることができますので、ぜひ活用してください。ここで英会話学校を紹介してもらい、英語学校に入るのもいい方法です。最初は誰でも英語ができないものです。使えば使うほどできるようになるのが、語学。恥ずかしがらずに堂々と話すことができればつたない英語でも大丈夫ですよ。

お金がなくても大丈夫?

まずは渡航費用と、3ヶ月分くらいの生活費があれば最低限ワーキングホリデーに行けます。筆者は所持金30万で1年みっちり暮らしました。もちろんアルバイトはしなければいけませんが、それも貴重な経験。

オーストラリアでしかできない野菜農場でのピッキングなどいろんなアルバイトに挑戦するといいですね。これも情報センターで紹介してもらうこともできますし、新聞広告や情報誌などいろいろな媒体がありますで心配ありません。

住むところはどうやって決めるの?

渡航してすぐはバックパッカーズ(格安宿)やユースホステルを利用し、その後はシェアハウスなどを探します。ホームステイは一般家庭にお世話になるタイプで英語を学びたい人や一般家庭の雰囲気の中で暮らしたい人におすすめですが、家賃は高めとなります。シェアハウスは何人かで一緒に暮らし、自分のことは自分ですることが必要ですので寮や下宿に近いです。個人的におすすめはシェアハウスです。なぜって、いろんな国の友達ができて楽しいし、英語や文化の勉強になるからです。

シェアハウスは前述の情報センターや語学学校などの張り紙で探せます。電話で連絡した後、実際に見学していろいろ質問するといいですよ。

ワーキングホリデーの醍醐味は?

なんといっても、自由。全て自己責任なので気をつけるところは気をつけなければいけませんが、危ない場所や夜に出かけるなどを慎めば、比較的治安のよい国で人々もフレンドリーです。たくさんの人に出会い、かけがえのない経験ができるのがワーキングホリデー。農場で働いたり、サーフィンやダイビングをしたりと日本ではなかなか経験のできないことができるのが簡単にできます。

ラウンドトリップって何?

もう一つ、忘れてはならないのがラウンドトリップ。バックパックを背負ってオーストラリアを1週する旅行です。片道バスのチケットを買って降りたい場所で途中下車。行く先々で素晴らしい景色が待ち受けていますよ。お金がなくなったら、その場でアルバイトをしてお金を稼ぐ、そしてまたバスに乗って次の場所に移動です。映画でしか見たことのないそんな生活が現実にできます。もちろん旅の途中でいろいろな出会いがあり、友達ができ恋人ができ、寂しいなんて暇ないはずですよ!

帰ってきたらどうするの?

楽しかったワーキングホリデー。でも、日本に帰ってきたらどうするの?
オーストラリアで遊びまくったつけがきて、就職が決まらない!そんな声も聞こえてきそうですが、筆者の知り合いはもれなくすぐに就職でき、無職で過ごしている人は一人もいません。職種などに違いはあるでしょうが、海外で一人で生活してきたバイタリティーがあれば、なんとかなる!

そして、まじめに遊んでいれば必ず英語力はついてきているはずです!各種資格も取れる講座がありますから、そこで資格のひとつやふたつとっておけば就職に有利になることは間違いなしです。児童英語教師や、貿易関係の仕事など英語がある程度できれば就職の幅も広がりますね。

おわりに

どうでしたか?ワーキングホリデーの魅力を少しでもわかっていただけたらこれ以上うれしいことはありません。まだ、この制度を知らない日本の若者たちにぜひ知ってもらいたい。一度しかない人生、楽しく冒険してみてくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

効果的な英語の学習法を学び、グローバルに成功する英語維新の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

効果的な英語の学習法を学び、グローバルに成功する英語維新の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

英語維新 講師紹介 英語維新 講師一覧

英語維新編集部

英語維新編集部

英語維新 編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【無料アプリ】「英読」「ダイス」これで、あなたも英語で困らない

  • 働く女性やシングルマザーの幸せと成功の条件

  • グローバル社会で生き残るためのビジネス英語検定8選

  • 日常英会話で使う便利な表現

関連記事

  • 夢の職業!英語翻訳家になるには

  • 経営ビジョンが運命の分かれ目。あなたと会社が、激動のグローバル社会で100年生き残る方法

  • オーストラリア留学費用はどれくらい?

  • ワーキングホリデービザを利用した短期海外移住の勧め カナダ編

  • スマホで楽しく学習初心者におすすめの英会話学習アプリ

  • 問題解決に役立つ「論理思考トレーニング」の3つのポイント