1. TOP
  2. 大学生におすすめの短期留学の活用法

大学生におすすめの短期留学の活用法

 2015/05/18 ビジネススキル 留学
この記事は約 5 分で読めます。 25 Views

はじめに

大学生になったら留学に行ってみたい!と考えている人は多いのではないでしょうか?しかし、せっかく留学に行っても、目的や選択を間違えると思ったより成果が得られなかった…なんてことにもなりかねません。今回はそんな方々のために短期留学をおすすめします

短期留学の目的

留学に行ってみたいとは思うけれどいきなり一年など長期で行くのは不安、と思う方もいると思います。そんな大学生にぴったりなのが短期留学です。春休みや夏休み、2ヶ月ほど休みがありますので休みの間に行けます。ただし、1ヶ月ほどの短期留学では、英語力が飛躍的に伸びるわけではありません。

短期留学では、英語への苦手意識をなくしたり、現地のリアルな英語表現や文化を学んだり、現地の友達を作ることを目的にする方が効果的です。自分に合った目的を立てましょう。

短期留学を選ぶ

短期留学に限らず留学の案内は大学の学生センターなどで紹介していると思います。大学で募集しているものなら安心ですし、すぐに問い合わせることができます。
まず考えてしまうのは費用のことだと思います。アメリカやイギリスはメジャーだと思いますが、少々費用はかかります。インドやフィリピンなどはアメリカなどに比べて安いことが多いです。こだわりがなければこちらでもいいでしょう。

また、ホームステイかホテルかというのも大切な要素です。ホームステイのほうが英語に触れる時間は長いですが、気が休まらなくて滅入ってしまう人もいるでしょう。自分の性格を考えて選びましょう。
あとは短期留学ではあまりないかもしれませんが、留学するためにGPAの制限があるプログラムもありますのでよく確認しましょう。

短期留学に申し込む

留学先が決まったらいよいよ申し込みです。大学によるとは思いますが、だいたい申し込みは出発の半年以上前のことが多いので忘れないようにしましょう。
現地で学校に通う場合ビザが必要なこともあります。

手続きに時間がかかることもありますので、説明をよく聞いて正確に手続きをしましょう。
もちろんパスポートも必要なので手続きまでに取得しておくようにしましょう。

短期留学の準備

1ヶ月日本を離れるとなると入念な準備が必要です。持っていくと便利な持ち物としては、首から下げられるパスポートケースです。特に治安が悪い地域に行く場合は盗難対策を取っておくことが大切です。出発前に現地の治安と対策を調べておきましょう。現地の最低限の文化も調べておく必要があります。特にチップは日本人にとって馴染みがないので調べておくことをおすすめします。

現地や外国語の疑問を書き出しておくことも効果的です。友達ができたときに聞いてみたり、実際に見て確かめたりできるからです。そして、最後に目的を再確認します。きちんとした目的を持たないと、なんとなく時間が過ぎてしまいます。有意義な短期留学にするためにも目的をはっきり持ちましょう。

現地での心構え

外国語を聞き取ろうとする姿勢はもちろん、外国の文化を学ぼうとすることも忘れてはいけません。言葉を学ぶことは相手の国の文化を学ぶことです。日本と同じこと、違うことをたくさん見つけてください。また、教科書には載っていないリアルな表現も聞くことができます。
中には先生や現地の人が話していることが全く聞き取れなくて落ち込む人もいるかもしれません。しかし落ち込むことはありません。

はじめは聞き取れなくて当然です。リスニングテストのように綺麗な外国語を話してくれているわけではないですし、知らない言葉があることもあたりまえです。帰るまでに聞き取れるようになるぞ、という意気込みでいきましょう。
学習の効果を上げるために、その日勉強したり、感じたことをまとめるノートを書くことをおすすめします。言いたかったけれど表現がわからなかった文章、聞き取れて嬉しかったこと、新たな発見をできるだけ外国語で書き留めておきます。

わからなかったことは調べて書き込みます。こうすることで自分だけの留学ノートになります。
さらに、できるだけたくさん現地の友達を作りましょう。留学プログラムによっては交流会などを設けているものや、ペンパルをセッティングしてくれるものもあります。現地の友達を作ることで、その後の英語学習への意欲が変わります。

困ったときの対処法

現地でどうしても困ったときのために、使いそうな表現をスマホのメモなどに打っておくといいでしょう。とっさに言葉が出てくればいいですが、表現が思いつかないこともあると思います。
また、相手の言っていることが聞き取れないときはスマホに打ってもらうといいでしょう。分からない単語が出てきているのであればすぐに辞書で調べられます。

帰国してから

短期留学では、帰国してからがむしろ本番です。SNSなどを利用して積極的に現地でできた友達に話しかけるようにしましょう。外国語でのコミュニケーションを続けることで長期的な語学力の向上が見込めます。

外国のことでわからないことをすぐに現地の友達に聞くこともできます。
また、留学ノートを見返すのも効果的です。はじめはできなかったことができるようになった、ということを実感できるので、自信にも繋がります。きっと今後の語学学習のモチベーションになります。

おわりに

いかがでしたか。今回自分の短期留学の経験を振り返りながらアドバイスを書きました。留学に行きたいと思っている大学生のみなさんの参考になれば幸いです。語学は私たちをスキルアップさせてくれます。短期留学をうまく利用して語学力をアップさせましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

効果的な英語の学習法を学び、グローバルに成功する英語維新の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

効果的な英語の学習法を学び、グローバルに成功する英語維新の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

英語維新 講師紹介 英語維新 講師一覧

英語維新編集部

英語維新編集部

英語維新 編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【無料アプリ】「英読」「ダイス」これで、あなたも英語で困らない

  • 働く女性やシングルマザーの幸せと成功の条件

  • グローバル社会で生き残るためのビジネス英語検定8選

  • 日常英会話で使う便利な表現

関連記事

  • 就職の資格で有利なものはコレ!

  • 速読トレーニングをするときに注意したい3つのポイント

  • 独学で合格を目指す! 自分らしい宅建勉強法こそ合格の秘訣

  • 非文系社会人のためのビジネス英語勉強法

  • 留学するならオーストラリアが良い理由

  • 海外移住を実現!マレーシアで働く